泌尿器科

CTとMRIの違い|臓器別にはどっちが有利か?

CTとMRIの違い

CT MRI
撮影原理 X線の吸収 磁気共鳴
撮影方法 単純
造影撮影
T1強調
T2強調
FLAIR
DWI
T2スター
ADCmap
放射線被爆 +
骨・空気の影響 +
画像の特徴 骨は白い、空気は黒い 骨も空気も無信号で区別されない
骨の描出 白い 無信号
空気の描出 黒い 無信号
撮影時間 短い(10~15分) 長い(30分程度)
長所 ・撮影時間が短い
・脳出血の情報が得られる
・骨の情報が得られる
・放射線被曝が無い
・造影剤なしで血管画像が得られる
・軟部腫瘍の良性・悪性を中心とする質的診断が可能(骨を除く組織の解像度はCTよりはるかに高い
短所 ・放射線被爆がある ・体内に金属が入っていれば禁忌
(刺青、ペースメーカーは禁忌)
・撮影時間が長い(疼痛などで、長時間安静が保てない場合は難しい)
・閉所恐怖症の人はできない(狭いところに入る必要があるから)

 

臓器別にはどっちが有利か?

部位 どっちが有利か? 有利な理由
頭部 圧倒的にMRI 脳や脳血管が造影剤を使わず観察できるから
脳出血はCT、脳梗塞はMRI
圧倒的にCT MRIで空気は描出できないから
腹部 ほぼ同等
胆道系(肝内胆管、総胆管、主膵管など) ややMRI MRCPと呼ばれる水強調画像を得られるから
骨盤領域(子宮や卵巣、前立腺など) MRI 骨の画像への影響がないから?
脊髄・脊椎 MRI 骨の画像への影響がないから?
関節 MRI 骨の画像への影響がないから?

実際、MRIの方がかなりの部位で有利だとわかる。

しかし、禁忌が多かったり、撮影に時間がかかるので、CTが多い使われているのかもしれない。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA