眼科

フォークト―小柳―原田病の病態、症状、診断、治療

フォークト―小柳―原田病の病態

全身のメラニン色素細胞に対する自己免疫疾患。

なので、メラニン色素の多い組織である目、耳、髄膜、皮膚、毛髪などで炎症をきたすと覚える。

すると、目では夕焼け状眼底、内耳障害により難聴、髄膜の炎症による脳脊髄液細胞増多、全身症状として感冒様症状をきたすと考えられる。

フォークト―小柳―原田病の症状

両目の視力障害:網膜色素上皮細胞が攻撃されるから

頭痛,咽頭痛,発熱など感冒様症状:自己免疫疾患だから

難聴、耳鳴:内耳のメラノサイトが攻撃されるから

夕焼け状眼底:脈絡膜の色素脱失による

脳脊髄液細胞増多:髄膜にもメラノサイトがあり、炎症をきたすから。いわゆる無菌性髄膜炎

フォークト―小柳―原田病の診断

多発性の滲出性網膜剝離:脈絡膜炎による



出典:107I48

 

フォークト―小柳―原田病の治療

ステロイド

自己免疫疾患だから

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA