必修

片頭痛の病態

片頭痛の病態

何らかの理由で、脳の血管が急激に拡張することで、周囲の三叉神経が刺激される。

そして、刺激により炎症性物質分泌され、さらに血管拡張する。

血管の拡張によるため、ズキズキと脈打つような感じの拍動性の頭痛が起こると考える。

ゆえに、階段の昇り降りなどの日常的な動作で症状が悪化することも、運動による血流亢進を考えると理解できる。

これから頭痛が起こりそうな予兆を感じる人が20%いるが、多くは感じない。

また、吐き気や嘔吐が出たり、光や音に対して過敏になることもある。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA