血液内科

不規則抗体とは?

不規則抗体とは?

不規則抗体とは、赤血球に対する抗体のうちABO式血液型の抗A抗体、抗B抗体以外の抗体のこと。

Rh系も不規則抗体の一つで、最も問題になるのがRh(D)抗体。

Rh(D)抗体は、不規則抗体の中では頻度が高く、臨床的に重症をきたす。

抗A抗体、抗B抗体と異なり、不規則抗体は後天的に生じる。

例えば、D抗原を持たない人が抗D抗体を持っているとは限らないように、抗原陰性の人の血清中に必ず抗体が存在するわけではなく、輸血や妊娠などによってできる。

人によって持っていたり、持っていなかったりするので、不規則にある抗体というと考えられる。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA