血液内科

溶血性尿毒症症候群の病態、3徴候、治療

溶血性尿毒症症候群の病態

腸管出血性大腸菌から放出されたベロ毒素が血管内皮細胞を障害する。

すると、血小板が活性化し、血栓が作られるため、血小板が消費されて血小板が減少する。

できた血栓に赤血球がぶつかることで破壊されて溶血性貧血をきたす。

また、腎臓の細い血管に血小板血栓が生じることで、急性腎不全となる。

溶血性尿毒症症候群の3徴候

血小板減少・溶血性貧血・急性腎不全

溶血性尿毒症症候群の治療

支持療法が基本となる

透析療法:急性腎不全に対して

輸血:貧血に対して

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA