眼科

ICLとレーシックの違い

ICLとレーシックの違い

ICL(眼内コンタクトレンズ) レーシック
英語 Implantable Contact Lens LASIK:laser in situ keratomileusis
仕組み 眼球内の虹彩と水晶体の間にレンズを移植して、近視や乱視を治す

出典
フラップを作り、その下にレーザーを照射する。角膜のカーブを変えることによって屈折異常を治療する。

出典
メリット ・レンズを取り出すと元の状態に戻すことができる
・コントラスト感度の低下やハロ・グレアを生じにくい
・フラップ作成による角膜知覚低下がないため、ドライアイを生じにくい
・合併症が起こりにくい
デメリット 高い
歴史が浅い
費用 高い:50〜80万円 お手頃:20〜30万円
合併症 ハロー(光のギラツキ)
グレア(光のにじみ)
など
ドライアイ
夜間の視力低下
薄い灰色などコントラストの弱い色が見えづらくなる
近視が再び起こる
ハロー(光のギラツキ)
グレア(光のにじみ)

出典

ICLはレーシックと違い、角膜を削らない。

なので、眼内のコンタクトレンズを取り出すことで、元に戻すことができるという点でより安全と考えられる。

また、ICLはレーシックに比べて合併症が生じにくい。

ICLは高額だが、安全性、合併症の少なさという観点からどちらかを選択するなら、ICLの方が良いと考える。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA