覚え方・ゴロ合わせ

遺伝病の遺伝形式の覚え方・ゴロ合わせ

遺伝病の遺伝形式は国試でよく出るが、単純暗記なので、ゴロ合わせで乗り切るしかない。

今回は、遺伝形式のゴロ合わせをまとめてみた。

遺伝形式とは?

遺伝形式は以下の5つを覚えればよい。

英語の略語も覚えておくべき。

・常染色体優性遺伝 (autosomal dominant:AD)
・常染色体劣性遺伝 (autosomal recessive: AR)
・伴性優性遺伝 (X-linked dominant:XD)
・伴性劣性遺伝 (X-linked recessive:XR)
・ミトコンドリア遺伝

autosomal  常染色体の

X-linked   X連鎖(伴性)

dominant  優性の

recessive  劣性の

 

遺伝形式の覚え方・ゴロ合わせ

伴性優性遺伝

伴性優性遺伝は3つしかない。

男女ともにみられる。

3つしかないので、そのまま覚えるべき。

色素失調症(母斑症で男児は胎児期に死亡する)
Alport(アルポート)症候群
Rett(レット)症候群

伴性劣性遺伝

伴性劣性遺伝の遺伝病は10数個しかないので、ゴロ合わせで覚える。

伴性劣性遺伝の遺伝病のゴロ合わせは以下の通り。

性に下劣なABCDEFG!HなBMW

ABCDEFGH-BMW

A:血友病A・B
B:Becker(ベッカー)型筋ジストロフィー
C:Color→色→赤緑型色覚異常
D:Duchenne(デュシャンヌ)型筋ジストロフィー
E:L”e”sch-Nyhan(レッシュ・ナイハン)症候群
F:Fabry病(ファブリー病)
G:G-6-PD欠損症(グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症)
H:Hunter病(ハンター病)

さらに、先天性免疫不全症候群の3つの疾患を追加する

B:Bruton(ブルトン)型無γ-グロブリン血症
M:慢性肉芽腫症
W:Wiskott-Aldrich症候群(ウィスコット・オルドリッチ症候群)

BMWは先天性免疫不全と覚える。

常染色体優性遺伝と劣性遺伝まとめ

原則(この2つは覚える)
・代謝性疾患は劣性遺伝が多い
・triplet repeat diseaseだからと遺伝形式は決まらないとのこと

これを覚えるのはあまり法則性がないので、出てきたものを少しずつ覚える

色素性乾皮症 常染色体劣性

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA