112回医師国家試験

異所性妊娠の病態、症状、診断、治療

異所性妊娠の病態

受精卵が子宮体部の内膜以外に着床して起こる。

卵管、腹膜、卵巣、子宮頚管の4つに分けられる。

異所性妊娠の症状

無月経、少量性器出血、下腹部痛

異所性妊娠の診断

hCGによる妊娠反応検査:陽性

かつ

経膣エコー:胎嚢が子宮体部内膜以外にある

受精卵が子宮体部の内膜以外に着床して起こるので、

hCGによる妊娠反応検査陽性だが、経膣エコーで胎嚢が子宮体部内膜以外にあれば診断できる。

異所性妊娠の治療

着床部位や拳児希望、全身状態によって変わる。

薬物療法:メトトレキサート

手術:卵管線状切開など

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA