小児科

免疫性血小板減少性紫斑病の病態、治療

免疫性血小板減少性紫斑病の病態

自己抗体により、血小板が破壊され、血小板減少による出血傾向をきたす。

その結果、全身に紫斑、口腔内、鼻、消化管に出血、下血、月経過多などのあらゆる出血をきたす。

骨髄では代償的に巨核球が増加するのが特徴。

免疫性血小板減少性紫斑病の治療

急性型 経過観察(急性型の多くは6ヶ月に以内に自然治癒するから)
慢性型 ピロリ菌除菌、プレドニゾロン
血小板1万未満・2万未満で粘膜出血伴う場合の緊急時 γグロブリン大量静注療法

急性型は、経過観察。

慢性型は、自己免疫が原因なので、プレドニゾロンで免疫を抑制するのが有効。

ピロリ菌が原因なので、除菌も有効。

血小板が異常に減っている緊急事態では、γグロブリン大量静注療法で抗体の作用を減弱させたり、抗体の破壊を亢進させる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA