耳鼻咽喉科

気導聴力と骨導聴力の違い

気導聴力と骨導聴力の違い

気導聴力と骨導聴力を測る理由は、気導と骨導とでは音の伝わるルート違うから。

気導では、次のようなルートとなる。

耳介→外耳道→鼓膜→3つの耳小骨→蝸牛→蝸牛神経→脳

一方、骨導では、いきなり側頭骨から蝸牛へと音の振動が伝わる。

側頭骨→蝸牛→蝸牛神経→脳

なので、骨導では、外耳や中耳の機能は使われない。

これらの違いを理解して、聞こえ方からどこに障害があるかを判断するために気導と骨導の聴力を調べる。

気導と骨導とでは音の伝わるルートが違います。 気導では耳介→外耳道と音が導かれ、鼓膜を振動させて、その振動は3つの耳小骨を順々に伝わり、蝸牛(かぎゅう)へと到達します。蝸牛では物理的な振動のエネルギーが、神経の興奮という電気的なエネルギーへと変換されます。この電気的エネルギーあるいは電気的なシグナルは蝸牛神経を通って、脳へと伝わっていきます。 一方、骨導では最初の部分が省かれて、いきなり側頭骨から蝸牛へと音の振動が伝わりますので、外耳や中耳の機能は全く関係なく、音が伝わっていきます。ただし、蝸牛以降の信号の伝わり方は、気導と同じです。 耳は大きくは、耳介や外耳道からなる外耳と、鼓室、耳小骨などからなる中耳と、蝸牛や三半規管からなる内耳の3つに分けますが、聞こえが悪い場合、そのうちのどこにトラブルが起こったのかを知ることは重要なことです。 そのために、標準純音聴力検査では、気導と骨導の両方を調べます。

出典:http://jibikkuma.jp/audiometry.html

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA