内分泌代謝内科

本態性高血圧と二次性高血圧の違い

本態性高血圧と二次性高血圧の違い

本態性高血圧 二次性高血圧
定義 原因はわからない高血圧 原因疾患があるので治療が可能
割合 90%を占める
特徴 重症:RAA系亢進などでかなり上がる
治療抵抗性:根本原因があるから
急激発症
若年発症:若年で本態性は起こりにくいから
治療 生活習慣の是正

降圧薬治療
原疾患の治療

高血圧は、原因のわからない本態性と原疾患がある二次性高血圧に分かれる。

本態性は90%を占めるが、原因がわからないので、生活習慣の改善や降圧薬を使うしか治療はない。

しかし、二次性は原疾患の治療により改善するので、発見することが大切。

二次性は、重症、治療抵抗性を示す、急激に発症、若年発症が特徴なので、これらに当てはまれば二次性を疑って原疾患の有無を検索する。

治療は原疾患の治療。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA