婦人科

クロミフェン療法とは?目的

クロミフェン療法とは?

抗エストロゲン薬。目的は排卵誘発のため。

抗エストロゲン作用により、視床下部のエストロゲン受容体において内因性エストロゲンと拮抗する。

その結果、ネガティブフィードバックが阻害され、下垂体からのゴナドトロピンの分泌が促進されることで、LHサージが起こり、排卵が誘発される。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA