循環器内科

急性心筋梗塞の病態、症状、診断、治療

急性心筋梗塞の病態

冠動脈にできたプラークが破綻し、血栓ができることで冠動脈が狭窄する。

その結果、心筋が虚血になり、壊死をきたす。

急性心筋梗塞の症状

20分以上持続する激しい胸痛

冷汗

悪心・嘔吐(これしかない場合もあるので注意!)

急性心筋梗塞の診断

血液検査:CK上昇、CK-MB上昇、心筋トロポニンT上昇

心電図:T波増高、ST上昇、異常Q波、冠性T波

聴診:Ⅲ音、Ⅳ音

CK-MB、トロポニンTなどの心筋逸脱酵素が上昇する。

また、心電図でT波増高、ST上昇、異常Q波、冠性T波などの虚血による変化が見られる。

急性心筋梗塞の治療

段階 治療法
初期治療 MONA:
モルヒネ静注
O2投与
硝酸薬舌下投与
抗血小板薬(アスピリン)服用
抗凝固薬(ヘパリン)静注
β遮断薬
再灌流療法 第一選択:PCI
PCIが緊急に行えないとき:t-PA製剤の静注
PCIが無効な例:CABG(冠動脈バイパス手術)
血栓溶解療法(禁忌がなければ)

まずは初期療法を行い、根治治療となる再灌流療法につなぐと考える。

モルヒネ(強オピオイド)で痛みを抑えて酸素需要をへらすと考える。

また、β遮断薬で心臓の働きを弱めて、酸素需要をへらす。

酸素欠乏となっているので、O2投与。

冠動脈を拡張させるために、硝酸薬を舌下投与。

血栓形成が冠動脈閉塞の原因なので、抗血小板薬服用、抗凝固薬としてヘパリンを静注する。

PCIやCABGといった観血的処置が控えているので、半減期の短いヘパリン静注を使うと考える。

根治療法としては、血流を再開させるために、PCIもしくはCABGを行う。

MONAと覚える

M:morphine

O:O2

N:nitric acid

A:aspirin

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA