膠原病内科

全身性エリテマトーデス(SLE)の病態、症状、診断、治療

全身性エリテマトーデス(SLE)の病態

ウイルス感染やホルモン異常などがきっかけとなって、自己抗体が産生され、全身の臓器障害をきたす。

全身性エリテマトーデス(SLE)の症状

皮膚症状:蝶形紅斑、光線過敏、口腔内潰瘍、レイノー現象


出典:108B48

関節:多発性関節炎、関節痛

腎臓:ループス腎炎

神経症状:けいれん、幻覚・妄想、躁うつ状態(CNSループス)

脳神経に対して自己免疫による攻撃が起こると、けいれんやうつ状態などの中枢神経症状をきたすことがある。

全身性エリテマトーデス(SLE)の診断

血液検査:汎血球減少、血清補体価低下、抗dsDNA抗体、抗Sm抗体、抗リン脂質抗体

尿検査:尿蛋白(ループス腎炎による)

全身性エリテマトーデス(SLE)の治療

ステロイド

ステロイド抵抗性や重篤な臓器障害がある場合:

免疫抑制薬併用

臓器病変がない場合:

NSAIDs

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA