小児科

心室中隔欠損症の手術適応

心室中隔欠損症の手術適応

① Qp/Qs≧2.0
② 肺高血圧の合併
③ 漏斗部欠損(Ⅰ型)で大動脈弁閉鎖不全症を合併
※Eisenmenger化した場合手術適応はない

Qp/Qsは、肺血流/全身血流比。

肺を循環する血液量と肺以外の全身を循環する血液量の比。

肺を循環する血液量が肺以外の全身を循環する血液量の2倍以上なら手術適応。

肺へ多く流れるということは、欠損した穴が大きいと考えると理解できる。

また、肺高血圧を合併する場合も手術適応。

肺高血圧症があれば、アイゼンメンジャー化するとまずいので、手術適応となると考える。

Eisenmenger化している状態では、手術を行うと、血流が流れなくなるので、禁忌と考えられる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA