血液内科

ワーファリンの作用機序

ワーファリンの機序

凝固因子のうち、第II因子、第VII因子、第IX因子、第X因子は肝臓でビタミンKが関与することで合成が行われている。

ファーファリンはビタミンKを競合阻害することで、これらの凝固因子の合成を阻害する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA