必修

出血時の輸血の適応は?

出血時の輸血の適応は?

Hb値が10g/dLを超える場合:輸血は必要ない

Hb値が6g/dL以下:輸血はほぼ必須

 2)  急性出血に対する適応(主として外科的適応)
●  Hb値が10g/dLを超える場合は輸血を必要とすることはないが,6g/dL以下では輸血はほぼ必須とされている。
*  Hb値のみで輸血の開始を決定することは適切ではない。

出典:https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/5tekisei3b01.html

輸血は移植と同等と考えられ、感染症やGVHDなどのリスクがある。

なので、リスクをベネフィットが上回る場合に考慮する。

輸血療法を行わないと患者の生命に危険が及んだり、その状況が予想される場合に輸血療法を行うと考える。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA