小児科

ライ症候群の病態、診断、治療

ライ症候群の病態

肝障害を伴う急性脳症。

15歳以下の小児に見られる。

小児のインフルエンザや水痘などのウイルス感染時にアスピリンなどのNSAIDsを投与することで誘発される。

ライ症候群の診断

肝障害があるので、肝生検で診断される

肝生検:脂肪肝、ミトコンドリアの変形

ライ症候群の治療

まずは脳浮腫に対して、マンニトール、濃グリセリン。

低血糖に対して、ブドウ糖輸液。

重症例では、気管挿管や呼吸管理。

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA