小児科

呼吸窮迫症候群の病態、診断、治療

呼吸窮迫症候群の病態

肺サーファクタントの欠乏により、肺胞が虚脱し、換気や酸素化が障害される。

肺サーファクタントの分泌が不十分な34週以前の早産児、低出生体重児に好発する。

呼吸窮迫症候群の診断

羊水や出生後は胃液を用いてマイクロバブルテストにより、肺サーファクタント活性を測定し、診断する。

呼吸窮迫症候群の治療

サーファクタントの不足が原因だから、人工サーファクタントを注入。

虚脱が原因なので、CPAPによる人工換気。

予防:早産が予想される場合はステロイド投与。

ステロイドは、肺サーファクタントの産生促進、分解抑制などの作用がある。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA