110回医師国家試験

尿道カテーテル留置の適応

尿道カテーテル留置の適応

前立腺肥大症、神経因性膀胱、膀胱タンポナーデなどによる尿閉の解除。

患者の長期安静保持は廃用症候群や血栓症などのリスクとなるので、適応ではないと考える。

むしろ、患者の長期安静保持は尿道カテーテル留置による問題点であると考える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA