110回医師国家試験

急性閉塞性化膿性胆管炎の病態、治療

急性閉塞性化膿性胆管炎の病態

総胆管結石により、胆管が急激に閉塞し、胆汁がうっ滞し、細菌感染をきたす。

急性胆管炎が重症化すると、急性閉塞性化膿性胆管炎となり、胆道内圧が急激に上昇する。

その結果、大量のエンドトキシンを含む胆汁が血管内に逆流し、敗血症→DIC→多臓器障害となり死亡する。

急性閉塞性化膿性胆管炎の治療

保存的治療を行いつつ胆道ドレナージでうっ滞を解除する

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA