必修

母乳性黄疸の病態、症状、診断、治療

母乳性黄疸の病態

母乳に含まれるプレグナンジオールが新生児の肝臓におけるグルクロン酸縫合を阻害することで、生後2週を過ぎても新生児に黄疸が続く。

母乳性黄疸の症状

黄疸

他に症状を認めない

母乳性黄疸の診断

間接ビリルビン↑が1〜2ヶ月持続

病的黄疸との鑑別を行う

母乳性黄疸の治療

経過観察

母乳栄養を中止する必要はない。

母乳の一時中止すると速やかに改善する。

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA