公衆衛生

減圧症の病態、治療

減圧症の病態

潜水などの高圧環境においては、血液中に窒素が溶ける。

急激に浮上し、急な減圧が起こると、窒素が溶けきれず、気泡化し血管内で塞栓となる。

関節や筋肉の鈍痛、かゆみ、発疹などをきたす

減圧症の治療

再度加圧

再び加圧することで、窒素を溶かすと考える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA