模試

緊急時に静脈路確保ができなかった場合の投与経路

緊急時に静脈路確保ができなかった場合の投与経路

骨髄内輸液(骨髄穿刺による)

小児や成人で、ショックなどの緊急時に静脈路確保ができない場合は、中心静脈ではなく、骨髄穿刺による骨髄内輸液を行う。

骨髄内に注入した輸液や薬剤もすぐに血管内に移行するから。

また、骨髄穿刺は中心静脈穿刺よりも簡単で時間がかからないから。

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

http://kasotuukablog.com/medpeertourokuyarikata/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA