必修

輸血後GVHDの病態、症状、治療、予防

輸血後GVHDの病態

輸血した血液に含まれるドナーのTリンパ球が拒絶されず、増殖し、組織を攻撃する。

新鮮血や血縁者からの輸血はHLAが似ているため起こりやすい。

輸血後GVHDの症状

輸血後1〜3週間で、

発熱、紅斑、下痢、肝機能障害など

紅斑+発熱、下痢といった胃腸炎のような症状+肝機能障害と考える。

Tリンパ球の増殖に時間がかかるので、すぐには起こらないと考える。

輸血後GVHDの治療

なし

輸血後GVHDの予防

新鮮血、血縁者からの輸血を避ける

輸血用血液に放射線を照射:Tリンパ球の機能を抑える

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA