神経内科

バルプロ酸の作用機序

バルプロ酸の作用機序

抑制性神経伝達物質のGABAは、グルタミン酸脱炭酸酵素の働きなどにより合成される。

また、GABAトランスアミナーゼという酵素によって不活性化される。

バルプロ酸は、グルタミン酸脱炭酸酵素の活性低下抑制作用をもち、GABAの合成を促進する。

また、GABAトランスアミナーゼの阻害作用などにより、GABAの不活性化を抑制する。

これらの作用により、GABAの作用が増強されることで、脳内の神経細胞の過剰な興奮が抑制される。

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA