必修

脳ヘルニアを示唆する徴候2つ

脳ヘルニアを示唆する徴候2つ

瞳孔不同(右>左)+右対光反射消失は右動眼神経麻痺を示唆する。


出典:http://blog.livedoor.jp/foureyes/archives/51871514.html

右動眼神経麻痺により、右が縮瞳できなくなっていると考えられる。

瞳孔不同と対光反射消失は、脳ヘルニアによる動眼神経麻痺を示唆する。

脳圧が上昇し、動眼神経が圧迫されると、動眼神経麻痺により、瞳孔括約筋が収縮できないので、圧迫された側の瞳孔が散瞳し、瞳孔不同となる。

また、対光反射でも、動眼神経による瞳孔括約筋の収縮が関与しているので、対光反射も消失する。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA