循環器内科

迷走神経の過剰な反応で起こること

迷走神経の過剰な反応で起こること

迷走神経が過剰に反応すると、交感神経の抑制により血管拡張が起こり、血圧が低下する。

また、副交感神経亢進により、心臓が徐脈となり、心停止をきたす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA