循環器内科

高安動脈炎の病態、症状、治療

高安動脈炎の病態

大動脈炎症候群ともいう。

大動脈とその分枝に炎症が起こり、瘢痕化することで狭窄が起こる。

高安動脈炎の症状

鎖骨下動脈が狭窄すると、上肢血圧の左右差が見られる。

また、狭窄した部位では血管雑音が聞こえる。

高安動脈炎の治療

炎症が病態の主なので治療はステロイド。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA