必修

なぜ癌や膠原病では体重減少となる?

なぜ癌や膠原病では体重減少となる?

悪性腫瘍ではがん細胞が増大するためにエネルギーが使われる。

また、全身倦怠感などがあり、食欲不振となるため、食事量が減少すると考えられる。

膠原病でも同様に、食欲不振が起こると考えられる。

同様に、体重減少をきたす疾患としてクローン病や潰瘍性大腸炎などがあるが、原因は吸収低下であることも知っておくべき。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA