模試

アトロピンの作用機序、禁忌

アトロピンの作用機序

副交感神経のムスカリン受容体拮抗薬。

副交感神経のムスカリン受容体を遮断することで、交感神経作用が亢進し、頻脈や散瞳をきたす。

頻脈、緑内障、前立腺肥大症には禁忌。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA