感染症内科

膿胸の病態、原因、症状

膿胸の病態

胸腔内に膿が溜まった状態。

要するに、胸水に好中球などの白血球が見られれば膿胸となる。

膿胸の原因

重症肺炎、胸膜炎、肺腫瘍等で、肺の中の炎症が、外側に進展することで起こる。

膿胸の症状

胸痛、発熱、胸部の圧迫感、息切れなど

肺には、痛覚がないが、胸壁には痛覚があるため、胸痛をきたす。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA