婦人科

エストロゲン産生腫瘍2つと病態2つ

エストロゲン産生腫瘍2つ

卵巣腫瘍の一つ。

顆粒膜細胞腫、莢膜細胞腫がある。

どちらもエストロゲンを産生する。

エストロゲン産生腫瘍の病態

閉経前後に発症する成人型と幼児〜思春期に発症する若年型がある。

成人型では、エストロゲン増加によって、子宮内膜増殖症などのエストロゲン依存性疾患が生じる。

一方、若年型では、通常より早くエストロゲンが増加するので、性の発達において早熟が見られる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA