小児科

カサバッハ・メリット症候群の病態、治療

カサバッハ・メリット症候群の病態


出典:110I48

主に乳幼児に発症。

巨大血管腫ができて、血管腫内で出血が起こることで、血小板が消費されて、血小板減少による出血傾向をきたす。

また、線溶系亢進型のDICを合併する。

カサバッハ・メリット症候群の治療

治療は、外科的切除など。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA