必修

ペースメーカーの仕組み

ペースメーカーの仕組み


出典:https://minds.jcqhc.or.jp/n/pub/3/pub0047/G0000543/0009

ペースメーカーが脈が足りない状態を感知し、不足分を電気刺激によって補う。

リードは、左鎖骨下静脈から右心房や右心室に挿入される。

適応は完全房室ブロック、高度房室ブロック、洞不全症候群、徐脈性心房細動などの徐脈をきたす不整脈。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA