感染症内科

ボツリヌス中毒の病態、症状4つ、治療

ボツリヌス中毒の病態

辛子蓮根、いずしなどで産生されたボツリヌス毒素を摂取することで発症。

ボツリヌス中毒の症状

神経毒により、眼瞼下垂、複視、嚥下困難、四肢麻痺などの弛緩性麻痺をきたす。

ボツリヌス中毒の治療

ボツリヌス毒素血清投与

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA