内科の薬

ムコサールドライシロップ1.5%について

ムコサールドライシロップとは?

ムコサールの一般名はアンブロキソールです。
去痰剤として、小児科でよく使われています。

ムコサールの添付文書

気道液の分泌促進作用、線毛運動亢進作用により、痰の排出を促進する。

ムコサールの効果

下記疾患の去痰
急性気管支炎
気管支喘息

ムコサールの用法・用量

通常、幼・小児に1日0.06g/kg(アンブロキソール塩酸塩 として0.9mg/kg)を3回に分け、用時溶解して経口投与。
なお、年齢・症状により適宜増減。

例 10kgの場合:1日0.6g 分3

ムコサールの重大な副作用

ショッ ク、アナフィラキシー様症状
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)

ムコサールの作用時間

約2時間で最高血中濃度に達する。
半減期は約6時間。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA