産婦人科

児頭骨盤不均衡の病態、診断、治療

児頭骨盤不均衡の病態

児の頭が骨盤よりも大きいため、分娩が進行しない状態。

児の頭が骨盤腔よりも大きい場合と、児の頭の大きさは正常だが、骨盤腔が通常より狭い2パターンがある。

児頭骨盤不均衡の診断

レオパルド触診法第4段で児頭が浮動

児頭骨盤不均衡の治療

予定帝王切開

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA