模試

再膨張性肺水腫でステロイドはなぜ有効?

再膨張性肺水腫でステロイドはなぜ有効?

再膨張性肺水腫は血管透過性亢進により起こる。

ステロイドには血管透過性抑制などを介した抗炎症作用があるために使用されると考えられる。

ステロイ ドにおける抗炎症作 用 は,血 管透過性抑制,白 血球動員抑制,白 血球機能抑制,単 球や好酸球 の減少,ヒ スタ ミン反応抑制,補 体成分減少な どを介 して発現 し,免 疫抑制作 用 は,リ ンパ球減少,単球減少,リ ンパ球や単球機能抑制,免 疫複合体 の基底膜通過抑制,免 疫 グロブ リン減少,補 体減少などを介 して発現す る2)。

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/orltokyo1958/41/5/41_5_517/_pdf

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA