内分泌代謝内科

劇症1型糖尿病の病態、診断、治療

劇症1型糖尿病の病態

非常に急速に発症し、数日のうちに完全にβ細胞が破壊され、1週間以内にケトアシドーシスになる

劇症1型糖尿病の症状

上腹部痛、悪心・嘔吐

口渇、多飲多尿

ケトアシドーシスによる意識障害

劇症1型糖尿病の診断

高血糖

HbA1c正常or軽度上昇(<8.7%):高血糖の経過が短いから

GAD抗体などの膵島関連自己抗体ー

アミラーゼ(膵外分泌酵素)上昇:膵臓の細胞破壊による

劇症1型糖尿病の治療

生食大量投与:浸透圧利尿による脱水があるから

速攻型インスリン少量持続静注:高血糖を是正するため

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA