OSCE対策

問診の取り方

問診の取り方をまとめる

問診の取り方の流れ

準備

招き入れる:Aさん、お入りください。こちらへお座りください。

自己紹介:実習生のAです。よろしくお願いいたします。

面接の確認:問診のために少しお話を聞いていいか

本人確認のためにフルネームをいってもらう

問診

オープンクエスチョン
本日はどうなさいましたか?
時系列に沿って教えてください。

or

本日どういう症状で来られたかを起こった順番に教えてもらえますか?

というのがいいか

時系列に沿って教えてもらうことで、話が整理しやすくなる


追加でクローズドクエスチョンで鑑別疾患を絞っていく
OPQRSTに沿って聞く

Onset(始まり):きっかけ
Palliative/Provocative(緩解・増悪因子):良くなるとき、悪くなるとき
Quolity/Quantity(性状・量):どんな、どれくらい
Region/Related symptom/Radiation:場所、随伴症状、放散痛の有無
Siverity(強さ)
Time course(時間経過):いつ頃から始まって、その後どのようになったか


服薬状況
薬を飲んだり病院にいったか、何の薬か、効果はあったか

最近の変化→睡眠、排便、食欲、体重変化4
病気に関して→既往歴、家族歴、検診歴、アレルギーの有無4
嗜好や生活習慣→飲酒、喫煙、運動3
その他→仕事、海外渡航歴、ペット飼育歴3

※ゴロは有用ではない。100回でも繰り返して、直接暗記する。

薬スーハーしたいきっかけはあれ。ペカッは運でいき!

薬:服薬状況
す:睡眠
は:排便
し:食欲
たい:体重変化
き:既往歴
か:家族歴
け:検診歴
あれ:アレルギーの有無
ぺ:ペット飼育歴
カ:海外渡航歴
運:運動状況
い:飲酒
き:喫煙

 


解釈モデル、心配、検査や治療の要望

聞いたことの確認

付け足すことや質問の有無

感謝

指示

 

問診

お待たせしました。Aさん、お入りください。

(ドアを開ける)

こちらにお掛けください

こんにちは。本日担当します。実習生のBと申します。:自己紹介

本日は予診のためにいくつか質問をさせていただいてよろしいでしょうか?:面接の確認

それでは、本人確認のためにフルネームでお名前を言ってもらってよろしいでしょうか?:本人確認

オープンクエスチョン

本日はどうなさいましたか?

それは大変ですね。他に気になる症状はありますか?

クローズドクエスチョン

(痛みに注目)

それでは、痛みについて詳しくお聞きしたいと思います。

痛みが起こるきっかけはありますか?:O

痛みが良くなったり、悪くなったりすることはありますか?:P

どんな痛みですか?:Q

痛みと一緒に出る症状はありますか?:R

痛みの場所はどこか?:R

他に痛みの出る部位はありますか?:R

痛みの強さはどれくらいですか?:S

痛みはいつから出て、その後どのようになりましたか?:T

服薬状況(お薬手帳で処方薬の確認)

薬を飲んだり、病院には行きましたか?

どんな薬を飲みましたか?

その薬は効きましたか?

その他聞くこと

最近の変化→睡眠、排便、食欲、体重変化4

病気に関して→既往歴、家族歴、検診歴、アレルギーの有無

嗜好や生活習慣→飲酒、喫煙、運動3

その他→仕事(海外渡航歴、ペット飼育歴:鑑別に重要な場合のみ)3

自分ではどういった病気だと考えてますか?:解釈モデル

家族や職場での人間関係はうまくいってますか?:心配1

何か気になってることや心配事はありますか?:心配2

してほしい検査や治療はありますか?:検査や治療の要望

まとめ

本日は、〜〜といった症状があるとお聞きしました。間違いはないですか?:まとめ

他に付け足すことや質問はありますか?:付け足すことや質問の有無

それでは、本日の診察は以上です。ありがとうございました。:感謝

待合室でお待ちください。:指示

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA