外科

非アルコール性脂肪性肝炎の病理所見

非アルコール性脂肪性肝炎の病理所見


出典:https://ameblo.jp/ponchodental

・線維化

・肝細胞の膨化

・肝細胞の脂肪変性

・小葉内への炎症細胞浸潤

アルコール性肝障害と同じ所見が見られる。

まず生活習慣の乱れや内臓肥満、ストレス、昼夜逆転の仕事などにより脂肪肝となることで、肝細胞の脂肪変性が見られる。

放っておくと、肝細胞が風船のように腫れて弱ってしまい、壊れる。

これが肝細胞の膨化。

この壊れた肝細胞を片付けるために肝臓で炎症が起こるので、小葉内への炎症細胞浸潤が見られる。

炎症が長い時間続くことによって線維化をきたす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA