113回医師国家試験

大脳皮質基底核変性症の病態、症状、診断、治療

大脳皮質基底核変性症の病態

タウ蛋白が蓄積することで、大脳半球の萎縮と基底核の変性をきたす。

名前通り、大脳皮質と基底核が変性する疾患と覚える。

大脳皮質基底核変性症の症状

認知症、パーキンソニズム、他人の手徴候、失語など

左右差のあるパーキンソン症状

たくさんの皮質症状が出てくると考える。

皮質の萎縮には左右差があるので、症状には左右差があると考える。

大脳皮質基底核変性症の診断

頭部CT・MRI:左右差のある大脳萎縮


出典:113D32

大脳皮質基底核変性症の治療

治療法はないので対症療法

パーキンソニズムに対してレボドパなど

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA