模試

急性上腸間膜動脈閉塞症の病態、症状、診断、治療

急性上腸間膜動脈閉塞症の病態

心房細動、糖尿病、脂質異常症などの基礎疾患を背景に、動脈硬化や血栓が原因で、上腸間膜動脈が閉塞する。

その結果、腸管が壊死し、腹膜炎や腸閉塞となる。

死亡率は60〜80%以上。

救命できても短腸症候群となる。

急性上腸間膜動脈閉塞症の症状

激しい腹痛

悪心・嘔吐

下血

進行すると、麻痺性イレウスやショックとなる

反跳痛や筋性防御などの所見に乏しいのが特徴。

急性上腸間膜動脈閉塞症の診断

腹部造影CT:上腸間膜動脈の閉塞を確認


出典:100F31


出典:104I50

急性上腸間膜動脈閉塞症の治療

緊急手術(試験開腹手術)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA