皮膚科

尋常性乾癬の病態、症状、病理、治療

尋常性乾癬の病態


出典:https://www.dermatol.or.jp/qa/qa14/q01.html

免疫機能の異常により、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が異常に活性化され、10倍の速さで皮膚がつくられ、角質が積み重なり、皮膚が厚くなる。

尋常性乾癬の症状

全身に銀白色の鱗屑がついた紅い皮疹

 

尋常性乾癬の病理


出典:http://pathology.or.jp/corepictures2010/20/c01/03.html

ムンロの微小膿瘍

角層直下に見られる好中球の集まりは、ムンロの微小膿瘍と言うもの。

免疫が活性化され、好中球が集まってくるからだと考えられる。

異常なターンオーバーにより角質が積み重なるからそこに好中球が浸潤すると覚える。

尋常性乾癬の治療

外用療法:ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬

光線療法:PUVA、ナローバンドUVB

全身療法:レチノイド、シクロスポリンなど

※ステロイド内服は膿疱性乾癬を誘発するので禁忌。

皮膚病なので、ステロイド外用薬。

光線療法として、PUVA、ナローバンドUVB。

免疫異常が原因なので、シクロスポリンなど。

しかし、ステロイド内服は膿疱性乾癬を誘発するので禁忌なのに注意。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA