必修

急性細気管支炎の病態、症状、診断、治療

急性細気管支炎の病態


出典:https://imidas.jp/genre/detail/F-135-0019.html

細気管支を中心とする炎症をきたす。

気道の粘膜が浮腫をきたすことで、気道が閉塞する。

RSウイルスが原因で、2歳以下特に6ヶ月未満の小児に好発

ウイルスが原因なので、冬に多い。

急性細気管支炎の症状

発熱、咳嗽などの後、呼気性喘鳴、呼吸困難

末梢側での病変なので、呼気性喘鳴をきたす。

急性細気管支炎の診断

聴診:呼気延長、呼吸音減弱など

胸部X線:過膨張、透過性亢進

白血球やCRPなどの炎症反応はなしor軽度:ウイルス性だからか

気道の閉塞が原因なので、肺気腫と同じように過膨張をきたす。

聴診でも、肺気腫と同じように呼気延長、呼吸音減弱をきたす。

急性細気管支炎の治療

対症療法:酸素投与、ネブライザーで加湿、輸液など

ウイルスが原因なので、対症療法しかない

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA