婦人科

抗エストロゲン薬の目的

抗エストロゲン薬の目的

クロミフェンなどの抗エストロゲン薬は排卵誘発に用いる。

抗エストロゲン薬なので、子宮内膜症などのエストロゲン依存性疾患に有効な気がするがむしろ増悪させてしまうので注意する。

抗エストロゲン薬によりフィードバックにより、LH、FSHが上昇することで、末梢のエストロゲンが上昇してしまうから。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA