必修

更年期障害で性器出血をきたす理由

更年期障害で性器出血をきたす理由

生涯で排卵される卵子の数は決まっていて、更年期になると、正常に機能する卵胞は徐々に減少していく。

そのため、無排卵周期により黄体が作られないため、子宮内膜を維持できず、性器出血をきたすと考える。

無排卵周期を繰り返したあとは、閉経し、卵胞は消失する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA