必修

母乳性黄疸の病態、症状、診断、治療

母乳性黄疸の病態

母乳に含まれるプレグナンジオールが新生児の肝臓におけるグルクロン酸縫合を阻害することで、生後2週を過ぎても新生児に黄疸が続く。

母乳性黄疸の症状

黄疸

他に症状を認めない

母乳性黄疸の診断

間接ビリルビン↑が1〜2ヶ月持続

病的黄疸との鑑別を行う

母乳性黄疸の治療

経過観察

母乳栄養を中止する必要はない。

母乳の一時中止すると速やかに改善する。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA