必修

気道浮腫が疑われる場合にまず気管挿管する理由

気道浮腫が疑われる場合にまず気管挿管する理由

嗄声、喘鳴、顔面の熱傷などから気道浮腫が疑われた場合、まず気管挿管。

気道浮腫が増悪すると呼吸困難となり、その頃には気道閉塞により気管挿管が困難となるので、まず気管挿管する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA